台湾(台北 松山空港)でプリペイドSIMを買った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

台湾で通話およびデータ通信を行う方法は大きく分けて3つ

  1. 日本の携帯会社のローミングサービスを利用する
  2. 携帯電話もしくはWiFiルーターをレンタルする
  3. プリペイドSIMを購入する

という方法があります。今回は3番を選びました。


羽田 – 松山の路線はとても便利ですね。ただし松山空港は台北市内にあるため少し小さいです。
プリペイドSIMを購入できる会社も中華電信しか見あたりませんでした。

私が購入したときは、日本語が出来る店員さんが1人に英語ができる店員さんが1人いました。
「プリペイドSIMプリーズ」で通じます。「SIMフリーか?」と聞かれるので「Yes!」と元気よく答えましょう。

買い方の説明をしているBlogはよく見かけるのですが、料金体系についての説明をあまり見かけないので、その辺を重点的に説明します。
まずは画像を2つご覧下さい。

事前にチャージできる金額は1枚目の画像の通りです。

支払額 利用可能額
300TWD 350TWD
500TWD 600TWD
1,000TWD 1,330TWD

続いてデータ通信プラン(パケ放題)は2枚目の画像の通りです。

期間 料金
3日間 250TWD
7日間 450TWD

データ通信を3日間使用したい場合、まず300TWDをチャージします。
すると350TWD分利用可能になるので、そこからデータ通信代250TWDを支払います。
残りの100TWDは通話料として使用することができます。

データ通信を5日間使用したい場合は7日間のデータ通信プランに申し込む必要があります。
7日間のプランは450TWDなので、500TWDチャージしましょう。
そうして利用可能になった600TWDから450TWDをデータ通信プラン用として支払い150TWDを通話料として使用することができます。

APNの設定などは定員さんがやってくれました。

U8650でテザリングしてiPhone4Sで回線スピードを測定。
ULがやばいっすw

どうせならマイルで旅行に行きませんか?

航空会社のマイルを使って旅行に行ってみませんか?! マイル大量獲得の方法はこちらの記事を御覧ください。
陸マイラー必見!マイル取得を加速させるハピタス
2009年にANAのマイレージ会員になって以来、クレジットカードのポイントをANAマイルに集約するようになりました。いわゆるライトな陸マイラ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする