莉莉水果店(台南市)

古くからある水果店です。
切ったトマトに、醤油風の餡+砂糖+生姜のタレを付けていただきます。日本でもトマトに砂糖をかけて食する文化があるので、それほど抵抗なく受け入れられます。ちょっと飲んだあとに軽く食べたり、おやつに向いている感じです。

蕃茄切盤

場所

[wpgmza id=”1″]
孔子廟からも近く、徒歩で行けます。

タイ バンコク Part2(2015年7月)

街中の電線がこんな感じ。修理するときはどうするんだろう?笑

友人のアテンドで夕食へ。連れて行ってもらったお店だと場所も名前も分からないのが残念!
中華料理のお店でフカヒレを食べました。確か300THBだったかな?
d7k_6896

デザートにドリアンの屋台へ。
d7k_6897

私もタイでドリアンを食べるまでは、臭くて水っぽくて美味しくないと思っていました。もし同じ感想を持っていたとしても、絶対に現地で食べてみてください。今までの印象はなんだったんだろうか!と目からウロコが落ちる思いです。

タイでは3種類のドリアンが売られているようです。おすすめされて食べたのは、ドリアン臭が少なく、非常に甘みの濃い品種でした。(品種名忘れちゃった…。)例えるならカスタードクリームのような食感と甘さです。
d7k_6900

ドリアンを食べると体が暑くなるので、現地の人はドリアンのあとに体を冷やすマンゴスチンを食べるようです。
(写真はマンゴスチンに関係のないジュースバーです笑)
d7k_6905

水上タクシーで市場へ。水上市場は2回目なので写真は無し。
水上市場は高いので、基本的には見るだけで買い物はしないほうがいいです。
もしかうとしても、必ず値切り交渉したほうがいいですよ!
d7k_6918

前回はアユタヤで象に乗ったのですが、今回は水上市場の近くのCHANG PUAK CAMPで乗りました。
CHANG PUAK CAMPは農場の中にコースがあって、そこを象に乗って散策します。アユタヤよりアドベンチャー感があってオススメです。
d7k_6933

水の中を象に乗って進むこともできます。
d7k_6968

私の乗った象使いさんだけじゃないと思うのですが、コース終了間際に象牙のアクセサリーを買わないか?と営業をかけられます。本当に象牙かも怪しいですし、本物の象牙だとしたら、象牙はワシントン条約で国内への持ち込みが禁止されていますので、買っても無駄になるだけです。気をつけてくださいね。

夜はアジアンティークへ行ってお土産を買いました。アジアンティーク内のマンゴー・タンゴで休憩。
ちなみにアジアンティーク内のお店でも値切れます。例えば5個買うので1個おまけしてくれとかなら、案外簡単に値引いてくれるので試してみてください。
d7k_7000

タイ バンコク Part1(2015年7月)

タイのバンコクに行ってきました。AirAsiaがセールを行っていたため航空券とホテル代を併せて3万円弱、現地での滞在費を入れても5万円程度の格安旅行でした。現地に友人がいたため、格安旅行とは言っても充実していましたよ!

なにはともあれネットが必要です。台湾でも使っているSIMフリー機を持ち込み、現地のSIMを契約します。
true mobile

AirAsiaだったのでスワンナプーム空港ではなくドンムアン空港でした。スワンナプーム空港とドンムアン空港は羽田と成田のような関係なのでしょうか?ドンムアン空港は少し古いので安く行けるようです。
ドンムアン空港を出て少し歩くとMagicFoodPointというフードコートがあります。空港内はとても高いので、ドンムアン空港で食事をするなら、こちらをおすすめします。
(ちなみにスワンナプーム空港にも同じフードコートがあります。)

d7k_6866

このフードコートは少しおもしろい感じ(タイではこれが普通?)になっていて、入り口で100THB支払って金券を買います。各ショップでは、その金券で食事を購入することができます。もちろん余った金券は出るときに換金できます。
d7k_6869

d7k_6867

さっそくカオマンガイやトムヤンクンを食べました。味の方は…まぁまぁです。あまり期待しないほうがいいですね。
d7k_6868

今回泊まるホテルはコンビニエントパークホテルです。航空券に併せて、安い宿にしました。
コンビニエントパークホテル

こちらのホテルは旧館と新館があって、旧館の方は水回りが汚いとの情報がありました。
予約時に新館指定で予約をしていたのですが、チェックイン時にアサインされた部屋が旧館っぽい…。
気になって「新館で予約したんだけど?」って聞いたら、どうやら間違いだったようで、新館で一番良い部屋にアップグレードしてもらえました。
ベッドルームとバスルームが2つにリビングとキッチンもあります。
d7k_6876

d7k_6878

アップグレードは嬉しいんだけど、旅行中ってホテルに居る時間も少ないので清潔感さえあれば、他はどーでもいい派です。

北海道 東部(2016年7月)

北海道に住む友人と合流して道東を2泊3日で巡ってきました。
道外に住む人は北海道の広さを勘違いしてしまいがちですね。

札幌でレンタカーを借りて一路道東へ。宿の近くにあったワッカ原生花園へ行きました。
涼しめな気候のせいでしょうか、高山植物のような植生でした。
ワッカ原生花園

続いては知床半島を海から眺めるクルージングです。
船酔いが気になるので小さな船ではなくおーろら号という大型船に乗りました。揺れも少なく快適でした。

こちらの写真は乗船場付近の岩。鬼の洗濯板みたい。

象に見えるらしい。たしかに…。

森が鬱蒼としていますね。残念ながらヒグマには会えず。

ツアーなどでもよく立ち寄る、オシンコシンの滝。水量が豊富ですね。
d7k_7371

釧路湿原に向かう途中でタイミングよく釧路本線に乗れそうだったので、細田→釧路湿原の一駅だけ乗りました。
釧路本線

釧路湿原はケニアの平原のような広さでした。日本でもこんな雄大な景色があるんですね。
散策していたらドローンで撮影している人がいました。ちょっとドローンが欲しくなりました。
d7k_7394

札幌に帰る途中で帯広の豚丼を食べました。
お店の名前は「ぶたはげ」すごい名前ですよね。
名前とは想像もつかないほど品の良い店構えで、豚丼もとても美味しかったです。
ぶたはげ

高雄旅行 Part3(2016年7月)

台南市内観光

残念ですが日本で台南の観光情報はほとんど手に入らないのが現状です。
ところが台南へ行くと、ホテルなどで観光ガイドを手に入れることができます。この観光ガイドがとても良くできているので、ノープランで台南へ来て、現地で手に入れた観光ガイドを使って史跡を巡るのもアリだと思います。

赤崁楼

とてもきれいな場所です。淡水の紅毛城に雰囲気が似ています。
d7k_7244

d7k_7253

台南度小月担仔面

赤崁楼のすぐお隣りにある台南度小月担仔面で担仔麺を食べました。これも美味しい!

台南最大の夜市へ

花園夜市へ行きました。台南の大きな夜市は曜日によって開催場所が違うので注意です。
写真はありませんが、おにぎりを油であげて様々ソースを掛けて食べる屋台がありました。なかなかおもしろい味だったので、ぜひ食べてみてください。

牛肉湯

ずっと食べたかった牛肉湯。夜市で100元もするなんてびっくりです。

最終日の朝食

包成羊肉

台湾最終日ともなると、食べ過ぎで胃も疲れ気味です。そんなお腹に優しい羊肉湯を食べに来ました。

六千牛肉湯

包成羊肉から徒歩数分のところに牛肉湯の有名店もあります。
めちゃくちゃ並んでます…。
d7k_7263

おばちゃんに写真なんか撮ってないで、早く食べろ!と急かされながら食べました笑
レアな感触を楽しむ料理なので、時間が経ってはもったいないようです。
d7k_7264

d7k_7265

羊肉湯も牛肉湯もリピート確定のうまさでした。

高雄空港から帰る

楽しかった高雄・台南旅行も終わりです。一度高雄へ戻っておみやげの購入と時間つぶしにメイド喫茶へ行きました。
d7k_7275

高雄と台南は別々に来たほうがイイかもしれない。

確かに高雄と台南は近いのですが、ホテルを移動するのは結構面倒です。高雄と台南それぞれ2泊3日ずつしたほうが楽しめる感じでした。

高雄旅行 Part2(2016年7月)

台風本格上陸!

夜半から風が強くなり、翌朝起きてみると道路に看板が落ちていたりと危険な状況でしたが、タクシーを使って興隆居へ行きました。

興隆居

興隆居は豆漿と肉まんが有名なお店です。

注文してないのに肉まんをお皿に乗せて来るぐらい、肉まんが有名です。
有名なだけあってめちゃくちゃ美味しかったです。

電車が止まる

台風がひどいため台南までの電車が止まってしまいました。急遽台南のホテルを1泊キャンセルし、高雄のホテルを延泊しなければいけませんでした。

碗粿

ホテルのそばにあるお店で食べました。碗粿(ワークイ)と呼ばれる米粉を蒸して作ったプリンのような食べ物です。

乾物街

高雄の乾物街。この日はお店もしまっていました。

台南へ移動

結局2日目は台風で何もできず、3日目の早朝になって台南へ移動しました。
ホテルに荷物を預けて、天気の良いうちにマンゴーの里「玉井」へ行きます。

バスで玉井へ

バスのりば

バスは台南駅を背にして右前方のバス停で乗れます。
d7k_7268

バスの時刻表

少し大きな画像ですが、台南から玉井へ行くバスの時刻表です。
15分に1本ぐらい出ていて、結構便利なバスです。
schedule

こちらは玉井から帰るバスの時刻表

マンゴーの聖地

バス停から少し歩いて市場に行きます。

市場はマンゴーだらけ!

ドライマンゴーの工場もあります。

お昼は熱情小子

マンゴー料理を少しだけ食べてみたかったので熱情小子へ行きました。

メニュー

生の台湾ビール?

マンゴーを使った料理

左側にあるマンゴーを練り込んだパンがとても美味しかったです。賞味期限が短いですが、持ち帰り用も売られています。

玉井市場でマンゴーかき氷

青いマンゴーは酸味が強く、良いアクセントになっていました。

Part3へ続きます。

高雄旅行 Part1(2016年7月)

高雄便欠航!!

成田空港第三ターミナルに到着し、チェックインを済ませようとしたところ、成田-高雄が欠航になったとカウンターで言われました。そう、この日は猛烈な強さの台風1号がちょうど台湾に迫っていた日でした。

台風は北上して台湾南部に上陸するコースだったので、台北便への振替なら可能であると案内されました。復路は高雄か台北どちらも選べる、台北-高雄間の交通費は出ない、払い戻しは無料など幾つかの条件を提示されました。やはりLCCはトラブルに弱いようです。ミールクーポンやバウチャーが出ないか相談したのですが、やはりLCCは出ませんでした。

台湾新幹線に乗るのも話のネタになるかと思い、台北への振替輸送をお願いすることにしました。

台湾高速鉄道(新幹線)初体験

桃園空港についたら、いつも通り両替とSIMカードのを済ませます。
今回はSIMロック解除したauのiPhone6sを使いました。やはり普段から使っている携帯をそのまま使えるのは便利です。

いつもならバスで台北へ行くのですが、今回は高雄へ行くのでタクシーを使って桃園駅へ行きました。
桃園駅でチケットを買っていざ高雄へ!

新幹線は揺れも少なく、日本の新幹線と同じ品質でした。
左営で新幹線を降りて、台鉄に乗り換えます。
d7k_7165

ホテルに到着

高尾駅から徒歩数分の華宏飯店へ移動。
途中にはメイド喫茶がありました。こちらのメイド喫茶には4日目に訪れることになります。
d7k_7169

聰明鴨肉飯

夕食に聰明鴨肉飯へ行きました。高雄は鴨肉が有名だとか。

場違いに思えるぐらい高級感のある外装ですが、料理はとってもリーズナブル。

鴨肉麺と鴨肉飯です。鴨肉飯はそこの方に汁が溜まっているので、汁と一緒に御飯を食べたほうが美味しいです。

六合夜市へ

美麗島駅

有名な美麗島駅へ。
d7k_7179

蛇肉

六合夜市名物?!の蛇肉を食べました。

さっき鴨肉飯も食べたし蛇湯で十分だと思って注文したところ、お店のおじちゃんが蛇湯だと身が少ししか入ってないから三杯蛇にしろと熱くアピール。熱意に負けて三杯蛇を注文しました。

照り焼き風味なのですが、下に引いてある香草の香りが独特すぎてツラかったです。
再訪してもリピートはないですね…。

Part2に続きます。

台北旅行 Part1(2016年9月)

結局当初の予定通りには進みませんでした。でもそれでいいのです。天候や体調で自由に行き先を変えられるのが個人手配旅行のメリットです。

写真が食べ物しかありませんでした(笑)

盛園絲瓜湯包

鮮嫩滑蛋牛肉

牛肉の卵とじ。美味しいけど、個人的にはリピートするほどではなかった。

海皇蝦仁豆腐

カニ味噌と豆腐とエビのスープ。とろみが付いておりアツアツのスープです。
毎回注文するお気に入りの料理。

飲茶

ノーマル小籠包

鮮乾貝水晶餃

大きな貝柱が入っています。かなり美味しいのでオススメ。

蝦仁燒賣

エビシュウマイ

冰讃

今回の旅で一番の収穫がこちらの冰讚(ピンザン)
夏季のみ営業しているかき氷屋です。毎日1回食べに行ってました。

北平陶然亭餐廳

おなじみの北京ダック。予約必須です。

極品軒

烤方

ここのトンポーローは絶品。
5人で「大」を頼もうとしたところ、店員さんが多すぎるとアドバイスをくれました。
台湾では量が多すぎるとアドバイスしてくれることが多いように思います。
今回もアドバイスに従いトンポーロー(小)に変更し、代わりに1,2品と選んでいくと「そろそろOKな量だよ」と教えてくれました。

蜜汁火腿

ハムのはちみつ漬けを蓮の実を添えてパンに挟んで食べるデザートです。
高級感がある料理でした。

沖縄旅行 Part2(2014年5月)

2日目は朝から体験ダイビングです。

ダイビングでヘトヘトになり、この日はほとんど写真を撮りませんでした。
3日目は午前中に美ら海水族館。お昼はきしもと食堂でソーキそばを食べました。
d7k_6006

古宇利島も訪れたのですが、残念ながら曇り。あまりきれいな写真は撮れませんでした。
d7k_6012

今帰仁城跡は結構歩くので、足元注意です。
d7k_6011

最終日には首里城に行きました。
d7k_6024

家族と二人だけで行ったので、大して写真も撮らず、のんびりとした旅を楽しむことができました。次回は離島でゆっくりしてみたいなー。